Menu
メニュー

通常の怪我と異なり、スポーツによる怪我はオスグッド病や骨髄線損傷のリスクが高まります。そのため、小学生中学生においては怪我の可能性も考慮しながらスポーツに取り組む必要があるでしょう。違和感や痛みが生じた場合、練習を休めば痛みは和らぎますが、練習を再開すれば再発する可能性があります。そのような事態を防ぐために、根本的な取り組みから始めて行くことが大切です。ボディチェックやカウンセリングによって痛みの原因を突き止めるスポーツ整体として、横浜の方を中心に多くの方にご利用いただいています。資格取得支援も行っています。